第7回 空海の足跡をたどる 高野山1200年 奈良での空海の動き

十輪院
十輪院

「若き日の空海が「入唐」するまでの期間は「空白の七年」と言われます。その青春の日々「空海」は奈良にいたのです。「空海」をはぐくんだ奈良の「見どころ」を訪ねてその「足跡」をたどります。途中、十輪院の「高野豆腐」今西酒造の「銘酒 春鹿」なども紹介いたします。

開催日2019年12月1日(日)
集合場所奈良県庁前(近鉄奈良線 近鉄奈良駅 徒歩10分)
9時30分
解散予定転害門 14時頃
コース県庁前→興福寺中金堂(H30年晩秋落慶法要)→元興寺→十輪院→不空院→ 真言院(空海 御影供)→空海寺→転害門
距離7km
参加費300円(資料代等)
申込区分当日受付
雨天時雨天決行(荒天時は中止することがあります)
担当ガイドNPO法人なら・観光ボランティアガイドの会
問い合わせ
申込先
なら・観光ボランティアガイドの会
奈良市上三条町23-4
TEL:0742-27-9889