第3回 国宝と製粉産業と地酒をたずねて

聖林寺
聖林寺

桜井市は古くから三輪素麺と旨酒に代表される地場産業として小麦粉の製粉技術と酒造りが発達してきました。今回は旭製粉様と西内酒造様をたずねます。また、聖林寺の国宝十一面観音、等彌神社もお楽しみ下さい。

開催日2019年10月18日(金)
集合場所JR万葉まほろば線・近鉄大阪線
桜井駅南口 9時30分
解散予定JR万葉まほろば線・近鉄大阪線
桜井駅 15時頃
コースJR・近鉄桜井駅南口→等彌神社→旭製粉→談山神社一の鳥居→ 聖林寺→西内酒造→JR・近鉄桜井駅
距離6km
参加費500円(拝観料・資料代等)
定員100名
申込区分事前申込必要
申込方法往復葉書又はFAX にて、代表者の住所・氏名・連絡先 及び 参加者全員の住所及び氏名をお知らせください 。
雨天時雨天決行(荒天時は中止することがあります)
担当ガイド桜井市観光ボランティアガイドの会
問い合わせ
申込先
桜井市観光まちづくり課 歴史街道リレーウォーク係
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
TEL:0744-42-9111(内線342) FAX:0744-46-178